乳酸菌が体に良いワケ

乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどの発酵食品に多く含まれています。
乳酸菌が盛んに研究され、そのパワーが示されたのは今から約100年ほど前のことです。
1899年に乳酸菌の一つであるビフィズス菌が発見され、乳酸菌が整腸作用をもたらし体に良いということがわかってきたのです。
腸内のバランスを整え、便秘や下痢を抑える力があります。
また、近年では整腸作用だけでなく花粉症やアレルギー体質改善などにも効果があると言われています。
では、なぜ乳酸菌が体に良いのでしょうか。

菌には善玉菌と悪玉菌があり、乳酸菌は善玉菌に分類されます
悪玉菌には大腸菌、ブドウ球菌などがあり、これらは腸内で人間に悪影響を与えますが、これらのような善玉菌は腸内で有益に働きます。
腸内には常に何億もの菌が繁殖、発酵しつづけています。
この腸内の菌のバランスが崩れると、腸内の環境が悪くなり、便秘や下痢、ひどくなると生活習慣病やがんなどを発症してしまいます。
よって善玉菌を摂取し、腸内を善玉菌の多い環境にすることが健康への近道になります。
乳酸菌はオリゴ糖などをはじめとする糖を分解して乳酸や酢酸を作り出します。乳酸や酢酸は酸性であり、腸内を酸性に保ちます。これにより有害な悪玉菌が増殖するのを抑える働きをするのです。

また、これらが作り出す乳酸や酢酸は大腸に働きかけ、排便を促す効果も持っています
この働きによって腸内にたまった老廃物を外に出すことができるのです。ヨーグルトなど乳酸菌を多く含む食品を摂取すると大便がすっきりと出せるのはこのためです。
更に、乳酸菌は乳酸や酢酸だけでなく、体に良い効果をもたらすビタミンB群も作り出します。
ビタミンB群はビタミンB1、B2、ナイアシン、パントテン酸、葉酸など全8種類から成り、小腸から吸収されます。
吸収されたビタミンB群は体内の細胞隅々までエネルギーを供給する大切な働きをするのです。
ビタミンB群が欠乏すると体に必要なエネルギーが行きわたらなくなり、疲れやすいなどの問題が起きてしまうのです。
よってビタミンB群は人の活動に欠かせないものであり、それを作ることのできる乳酸菌もまた人間にとってとても大切です。
このように、これらを摂取することで健康を保つことができるのです。

ダイエット中の方に嬉しいお知らせです。
乳酸菌を摂ると健康的に痩せることが出来るようです。
今まで、辛いダイエットを行ってきた方は是非乳酸菌を利用した方法に変えてみてください。