プラズマ乳酸菌とは?

乳酸菌は人間の腸内にも絶えず存在しており、ヨーグルトやチーズなどにも多く含まれています。
これは整腸作用や花粉症対策、アレルギー体質改善やインフルエンザ予防など、健康を維持するためにうってつけの善玉菌です。
乳酸菌だけでも十分に健康対策になりますが、最近ではプラズマ乳酸菌という新しいものの研究が進められています。

プラズマ乳酸菌とは、これまでのものと異なり免疫力の根本を強くするもののことです。
乳酸菌はウイルス感染を防御する働きを持つものもありますが、従来のものは一部の細胞のみが活性化するだけだったのです。
それに対しプラズマ乳酸菌はこれまでのものと違って、「プラズマサイトイド樹状細胞」と呼ばれるウイルスと直接戦う細胞に直接働きかけ、ウイルス感染を抑えることができるようになるのです。
ウイルスと戦うすべての細胞が活性化して、ウイルスに感染するのを防御してくれるのです。
この「プラズマサイトイド樹状細胞」というのは、普段は眠っていて活動をしていません。免疫細胞を指示する働きを持っています。
この細胞にプラズマ乳酸菌を働きかけると、ひとたび眠りから目覚めて、免疫細胞に指示を出すのです。これにより免疫細胞がウイルス侵入を防ぎます。
プラズマ乳酸菌はプラズマサイトイド樹状細胞の活性化を促し、普通のものよりもその力を発揮するのです。
実際にプラズマ乳酸菌を含む飲料を飲んだ人とそうでない人では、ウイルスに対する免疫力の差がとても大きくなります。

このように、プラズマのものはかぜやインフルエンザなどのウイルスに対する免疫力を高めます。実際にのどの痛みが和らいだ、せきが止まった、などの効果が出ています。
また、ロタウイルス感染症状の緩和効果があります。腸内の菌環境を整えることができます。
さらに、最近話題のアンチエイジングや老化防止にも効果があることがわかってきました。
プラズマ乳酸菌にはこのように従来のもの以上のパワーを秘めているのです。
こちらに失敗しない乳酸菌の選び方についての解説サイトがあります。
併せてご覧ください。