メインイメージ

乳酸菌のパウダー

乳酸菌パウダーとは

ヨーグルトから有名になった乳酸菌は善玉菌を活性化して悪玉菌を減らすことで腸内環境を整え、便秘や下痢を解消します。
さらに美肌効果や免疫力の向上といった効果も期待できることから、いまや健康には欠かせない成分として定着しています。
ヨーグルトやチーズなどの乳製品、漬物などの発酵食品から摂るのも良いですが、最近では乳酸菌を配合したサプリメントが人気です。

乳酸菌サプリには、錠剤、カプセル、タブレットなどさまざまなタイプがありますが、いま女性を中心に愛飲者が増えているのが乳酸菌パウダーです。
市場ではさまざまな商品が売られていて、大手総合スーパーでは安価なプライベートブランドの商品を提供しています。
乳酸菌と相性の良い食物繊維や酵素を一緒に配合したものは、整腸作用だけでなくダイエット効果も期待できて一石二鳥です。
味がついているものもあれば、味のないものもあります。カロリーはほとんどありませんからダイエット中の女性にもぴったりです。

乳酸菌パウダーのメリット

摂りやすく続けやすい

詳細を読む

乳酸菌パウダーは水なしでも飲むことができますし、お茶やコーヒーなどどんな飲み物にもさっと溶けて、摂りやすく続けやすいのが魅力です。

一度に大量の乳酸菌が摂れる

詳細を読む

最大のメリットはなんといっても一度にたくさんの乳酸菌を摂れる点にあります。多くの乳酸菌パウダーは加工段階で加熱殺菌処理した死菌を採用しています。
乳酸菌には「生きて腸まで届く」ことを謳っている商品もありますが、実は死菌であっても腸内で善玉菌のエサとなることで腸内環境を整えることができます。

乳酸菌パウダーには1gあたり数百億個から数千億個もの大量の乳酸菌が含まれていて、一日に必要な乳酸菌をほんの数gのパウダーで摂ることが可能です。
ヨーグルトでこれだけの量の乳酸菌を摂ろうとしたら毎日、大変な量を食べなければいけませんが、乳酸菌パウダーであれば1日1袋を好きな飲み物に溶かして飲むだけです。

アレルギーの心配がなく、味にクセもない

詳細を読む

ヨーグルトは合わないという方もいますし、牛乳アレルギーがある方は摂ることができません。しかし、乳酸菌パウダーはアレルギーの心配がなく、味や風味にクセもありません。

乳酸菌パウダーのデメリット

メリットの多い乳酸菌パウダーですがデメリットがないわけではありません。少量でたくさんの乳酸菌を摂ることができますが、お腹がゆるくなった、下痢をしたという口コミも少数ながら見かけます。

乳酸菌自体にはほぼ副作用はありませんが、一緒に配合している食物繊維や難消化性デキストリンといった成分によって、このような副作用が引き起こされると考えられています。
また持病がある方は薬の飲み合わせにも気をつけないといけません。飲み合わせが悪い場合は持病の症状が悪化することもありますから、事前に医師と相談しましょう。

乳酸菌末入りチョコレート

詳細を読む

乳酸菌末とは乳酸菌を乾燥させてパウダー状にしたものです。乾燥させることで乳酸菌が死んでしまうのかと言うとそうではありません。
最近ではこの乳酸菌末入りチョコレートを目にする機会が多くなりました。死菌を採用している場合もありますが、「生きた乳酸菌が100倍届く」などと謳った商品もあります。

実は乳酸菌末をチョコレートで包むことで乳酸菌の生存率が100倍向上することが、日東薬品、ロッテ、京都大学の共同研究によって確認されています。
多くの乳酸菌は酸に弱いため、せっかく生きた乳酸菌を摂っても大半は胃酸や胆汁によって死滅してしまいます。
しかし、乳酸菌末をチョコレートで保護することで、生きた乳酸菌が持つ酸素活性が酸で失われるのを防いでくれるのです。
実験では酸耐性を比較するために、乳酸菌を配合したチョコレート、乳酸菌粉末、乳酸菌を配合したドリンクを、人工胃液に漬けて乳酸菌の生存率を調べました。
その結果、乳酸菌を配合したチョコレートは、粉末やドリンクと比べて100倍以上もの乳酸菌が生きていることが確認されました。

生きて腸まで届く乳酸菌末入りチョコレートには思わぬ効果も期待できそうです。とはいえチョコレートはカロリーや糖質も多く含んでいますから食べ過ぎにはご注意を。

手作りヨーグルトにも

詳細を読む

健康のためにヨーグルトメーカーなどを使ってヨーグルトを手作りしている方が増えています。市販品と違って糖分が含まれていませんし、新鮮なヨーグルトを毎日食べられるのが魅力です。
手作りヨーグルトの種菌には市販のヨーグルトを使うのが一般的ですが、乳酸菌末(生菌)を種菌として使う方法もあります。
乳酸菌以外に余分な成分が含まれていない菌末であれば、市販のヨーグルトを使う場合と比べて失敗を減らすことができます。
乳酸菌にはいろいろな種類があり効果もそれぞれ異なります。自分に合った種類の乳酸菌末を使って自分だけの手作りヨーグルトを作ってみてはいかがでしょうか。

ペット用のパウダーも

乳酸菌配合のペット用サプリ

詳細を読む

人間と同じように犬や猫の腸内にも乳酸菌などの善玉菌が住んでいます。健康で長生きするために腸内環境が大切なのは人間だけではありません。
病気になったときに動物病院では抗生物質を投与しますが、病原菌だけでなく一緒に善玉菌まで殺してしまいます。
そこで日頃から大切なペットの健康維持に力を入れようと、愛犬や愛猫に乳酸菌を摂らせている飼い主さんが増えているのです。

ペットはヨーグルトを食べることはできません。チーズなどは塩分過多であるためたくさん食べさせると健康に悪影響です。
そこで近年では乳酸菌を配合したペット用サプリメントが売られています。多くの動物病院でも推奨していて、希望する方には処方もしています。

無味無臭なのでペットに食べさせやすい

詳細を読む

しかし、薬やサプリメントはペットがなかなか食べてくれないのが悩みの種で、錠剤タイプだとエサに混ぜても残されてしまい、食べさせるのに一苦労です。

そんな場合に便利なのが乳酸菌パウダーです。無味無臭なためエサや水に混ぜても気づかれずに、簡単に摂らせることができます。
乳酸菌パウダーでペットの腸内環境が改善されると、便秘や下痢といった症状が改善されるだけでなく、腸内の悪玉菌を減らせることでおしっこやウンチの臭いの元であるアンモニア数値が改善され、消臭効果も期待できます。

なお犬の胃酸は人間よりも酸が強いため、乳酸菌を摂っても胃の中でほとんど全滅してしまいます。
どうしても生きた乳酸菌を摂らせたいという方は、胞子によって包むことで酸から守る有胞子乳酸菌を採用しているパウダーを選びましょう。

関連記事の一覧