乳酸菌が花粉症に良いってホント?

乳酸菌は腸内の環境を整え、便秘や下痢防止に役に立つ善玉菌です。
ヨーグルトやチーズに含まれ、整腸作用だけでなく免疫力もアップさせ、健康を保つ菌なのです。
しかし乳酸菌にはそれだけではありません。最近では花粉症にも効果があるということがわかってきました。
春になると、あたたかくなり過ごしやすくなりますが、花粉症の人には非常につらい季節です。
スギやヒノキ花粉などにより、目のかゆみやつらい鼻水、のどの痛みやくしゃみなどの花粉症の症状を発症する人は非常に多いです。
中には一年中様々な花粉に悩まされ、マスクを手放せないという人も多いでしょう。
つらい花粉症の症状が和らぐ方法があるのなら、ぜひ試したいという人は多いと思います。
しかし乳酸菌はそんなつらい花粉症の症状を出にくくする素晴らしい効果もあるのです。

ではなぜ乳酸菌が花粉症の症状を和らげるのでしょうか。
これらは体内でウイルスに対する免疫力を高めることになります。
花粉症というのは、体内に花粉が入ってくると、人間の体は花粉を異物と判断し、過剰に反応することによって花粉症を発症するのです。
この過剰反応を抑える効果を持つのが、乳酸菌なのです。
乳酸菌が腸内にたくさん増えると、免疫力がアップし花粉だけでなくその他のアレルゲンについても取り込みがブロックされます。
ただし、花粉症のピークの季節になってから摂取するのは遅いので、ピーク時の3か月ほど前から乳酸菌を多く含む食品などを摂取することがポイントです。

また、花粉症によい食べ物・悪い食べ物というのもあります。
花粉症の症状である目のかゆみや鼻水などは、ヒスタミンなどが大量に放出されることによって発生します。
よってこのヒスタミンという物質の発生を抑えることが大切です。
ヒスタミンを抑えることのできる食品として甜茶や赤シソなどがあります。
乳酸菌を多く含む食品、特に免疫力を高める食品を積極的に摂取することも大切になります。
例えばLG21乳酸菌を含むヨーグルトや1073R-1乳酸菌を含むヨーグルトは腸内環境を整え、花粉症に対する免疫力を高めることができるのです。