メインイメージ

妊娠中に乳酸菌を摂取しても大丈夫?

妊娠中にこそ摂りたい乳酸菌

妊娠中は胎児への影響を考えて飲食にも気を配らなければいけません。例えばアルコールやカフェインは胎児への影響が大きいため基本的にNGですし、魚介類に含まれる水銀は妊婦に悪影響のため摂り過ぎは禁物、塩分や食品添加物が多いインスタント食品やジャンクフードは避けたほうが無難です。
では乳酸菌はどうなのでしょうか? 妊娠中に乳酸菌を摂ることで母体の健康や胎児に何か悪影響はあるのでしょうか? 結論から言えば妊娠中に乳酸菌を摂っても悪影響はありません。それどころか乳酸菌は妊娠中に起こるさまざまな悩みやトラブルを予防改善するのにとても有効なのです。
腸内環境を整えてくれる乳酸菌は摂ってはいけないどころか、積極的に摂ってほしい成分です。乳酸菌が豊富に含まれるヨーグルトやチーズなどの乳製品や発酵食品を意識して食べてはどうでしょうか。

妊娠中に乳酸菌を摂るメリット

便秘を改善できる

詳細を読む

妊娠中は便秘になりやすいと言われています。その理由は妊娠中に分泌される黄色ホルモンとも呼ばれるプロゲステロンが増えることにあります。
このホルモンが増えることで、食べ物を腸内で移動させながら排出していく腸のぜん動運動が低下し便秘が引き起こされます。
ほかにも運動不足、お腹が大きくなることによる腸への圧迫、ツワリによるストレスや水分補給の不足など、妊娠中の体は便秘になるさまざまな要因を抱えています。

しかし、いくら便秘が辛いからといって下剤などの薬に安易に頼るのはおすすめしません。便秘薬や下剤には当然のことながら副作用があります。
特に下剤には子宮収縮作用を持つ成分が含まれているものがあるため、最悪の場合は流産や早産に繋がってしまう危険があるのです。

そこで活用したいのが乳酸菌です。整腸作用を持つ乳酸菌は腸内の善玉菌を活性化することで腸のぜん動運動を促し、悪玉菌を抑制して腸内環境を整えてくれます。
悪玉菌は食べ物を腐敗させて腸内に溜め込むことで便秘を引き起こしますが、乳酸菌によって腸内環境が改善されると、悪玉菌が溜め込んだ老廃物も少しずつ便として排出されていきます。

冷えを改善できる

詳細を読む

女性は男性よりも筋肉量が少ないため冷え性になりやすい傾向にありますが、妊娠中は上半身に体温が集中しがちなため下半身が冷えている方が多いと言われています。
冷え性は血行が悪くなるため、むくみ、便秘、肩こり、腰痛、肌荒れなどを引き起こします。妊娠中の冷えは切迫早産や切迫流産、逆子の原因にもなります。
また冷えは感じる痛みが増すため陣痛が酷くなり、子宮が冷えてしまうことで陣痛が続かずに分娩に時間がかかってしまったり、産後の出血が長くなったりするうえ、母乳の出も悪くなります。
赤ちゃんが無事に安産で産まれてくるか、難産になるかは体の冷えが関係していると言われていますから、妊娠中の冷え対策をしっかり行いたいものです。

乳酸菌は腸内環境を整えることで腸の働きを活性化し体の冷えを予防してくれます。また腸内で善玉菌が増えると、代謝も向上してその結果として体も温まります。
悪玉菌は腸内の働きを停滞させて代謝の低下に繋がりますから、妊娠中の冷えを防ぐために乳酸菌を摂ることで善玉菌を増やして悪玉菌を抑制したいところです。

免疫力低下を予防する

詳細を読む

妊娠中は普段よりも免疫力が低下しやすくなります。これは胎児が父親の遺伝子や染色体も持つため母体を異物と判断してしまうためで、体の免疫機能に攻撃されるのを防ぐためにあえて母体のほうで免疫力を低下させているからです。しかし、免疫力が低下すると風邪やインフルエンザなどに感染しやすくなります。
妊娠中は副作用が出るような効き目の強い薬の服用は避けたいので、感染症に罹らないように免疫力を高めたいところです。

乳酸菌には免疫力を向上させる作用があります。人の免疫細胞は約7割が小腸に集まっていますから腸内環境を整えてくれる乳酸菌はとても有効です。
また近年の研究では乳酸菌には免疫細胞を強化する働きがあることも分かっていて、実際に乳酸菌の一部にはウイルスや細菌に働きかけるNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させる作用があります。
免疫力の向上効果が認められている乳酸菌には、1073R-1乳酸菌、(*1)プラズマ乳酸菌、(*2)ラブレ菌、(*3) クレモリス菌FC株(*4)などがあります。

体重増を防ぐ

詳細を読む

妊娠中は胎児に充分な栄養を届けようと食欲が旺盛になることから太りやすいと言われています。その中でも糖質を求めがちで、どうしてもパンやご飯を余計に食べてしまいます。
一方でツワリが酷い時期は食欲不振に陥りますが、ツワリが収まると反動でついつい食べ過ぎてしまい太ってしまうケースが多いそうです。
またお腹が大きくなると体を動かすのが億劫になりますから、運動不足が体重増へと繋がってしまいます。

そこで乳酸菌を摂ることで肥満を予防しましょう。乳酸菌によって善玉菌が活性化されると、食べ物の消化吸収が促進されて代謝も向上します。
悪玉菌は食べ物を腸内に溜め込んで余分な脂質や糖質を体脂肪に変えてしまいますから、善玉菌が増えて悪玉菌が減ると太りやすい体から痩せやすい体へと変わっていきます。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を予防する

詳細を読む

乳酸菌の中にはアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する効果が認められているものがあります。
両親にアレルギーがあると子どもにその体質が遺伝する確率が高いことは知られていますが、妊娠中に乳酸菌を摂ることで胎児にとっても良い効果を期待できるかもしれません。

フィンランドで行われた試験はその可能性を示す結果となりました。試験はアトピー性皮膚炎の症状を持つ妊婦さんを対象に、出産1ヶ月前から出産6ヶ月後まで乳酸菌を継続的に摂ってもらいました。
その結果、乳酸菌を摂ったグループは摂っていないグループと比べて、子どものアトピー性皮膚炎発症率が半分に下がり、その効果は7年経過しても続くことが分かったのです。(*5> もちろん妊娠中に乳酸菌を摂ったからといって子どものアトピー性皮膚炎を完全に防ぐことはできませんが、少しでもリスクを下げられるなら試してみる価値はありそうです。
アトピー性皮膚炎を予防する効果が認められている乳酸菌には、LGG乳酸菌、(*6)L-92乳酸菌、(*7)クレモリス菌FC株(*8)などがあります。

妊娠中にヨーグルトを食べるメリット

食べやすい味で高栄養価

詳細を読む

乳酸菌を摂る場合に特におすすめの食べ物がヨーグルトです。ツワリが辛く食欲がないときでも、さわやかな酸味とさっぱりした味わいのヨーグルトは比較的食べやすく、栄養価も高いのが理由です。
ヨーグルトには乳酸菌のほかにも良質なたんぱく質と豊富なカルシウムやビタミンが含まれていて、食事代わりに最適な食べ物です。
特にカルシウムは妊娠中は不足しがちですから、イライラを抑えるためにもしっかり摂りたい成分です。

食べすぎには注意

詳細を読む

ただしヨーグルトには脂質やカロリーも含まれていますから、食べ過ぎには注意しましょう。加糖のヨーグルトは糖質が多いので、無糖のプレーンヨーグルトがおすすめです。
巷では「アロエヨーグルトは妊娠中に食べないほうがいい」という噂を見聞きしますが、全く問題ありません。
確かにアロエの皮に含まれるアロインは子宮を収縮させる作用がありますが、アロエヨーグルトに使われているアロエは皮を取り除いてありますからそのような心配はないのです。

乳酸菌サプリを活用しよう

妊娠中は体調の変化が大きく、ツワリが酷いときは食欲不振でなかなか食事を摂ることかできません。そんなときには乳酸菌サプリを活用しましょう。
乳酸菌サプリのメリットはなんといっても一度に大量の乳酸菌を摂れる点にあります。多くの乳酸菌サプリは加工段階で加熱殺菌処理した死菌を採用していますが、死菌にすることで高密度に圧縮できるため1粒に数百億個もの大量の乳酸菌を配合することが可能になります。サプリメントだけで一日分の乳酸菌を摂れるのでとっても手軽です。
また牛乳アレルギーがある方はヨーグルトを摂ることは出来ませんが、乳酸菌サプリであれば摂ることができるのもメリットです。
とはいえどんなに体に良いものでも摂取量を守って正しい使い方をしなければ効果は期待できません。サプリの場合は飲み合わせにも注意が必要です。

関連記事の一覧