メインイメージ メインイメージ

様々な乳酸菌サプリの違いを知りたい

乳酸菌サプリにはさまざまな種類がある

手軽に摂れるのが魅力

詳細を読む

優れた整腸作用を持つ乳酸菌は善玉菌の代表です。健康のために習慣的に摂っている、または摂りたいと考えている方が多いのではないでしょうか。
とはいえヨーグルトなどから乳酸菌を摂り続けるのは大変です。本当に好きな方でないと毎日同じ食品を食べ続ける生活は続かないでしょう。
そこでおすすめなのが乳酸菌サプリです。カプセルや錠剤なら毎日数粒を水と一緒に飲むだけで良く、味に飽きることもないので続けやすいのが魅力です。

乳酸菌サプリの種類

詳細を読む

乳酸菌サプリに興味があっても、いざ購入しようとするとあまりに種類が多すぎて混乱してしまいます。
市場には実にさまざまな種類の乳酸菌サプリが売られています。医薬品ではなく食品である乳酸菌サプリは、厳しい規制がないため個性的な商品開発が行われているからです。
乳酸菌サプリは形状、菌の種類、菌の状態、菌の含有量などで分けることができます。自分に合ったタイプの乳酸菌サプリを選びましょう。

形状の違い

乳酸菌サプリはさまざまな形状のものが売られています。主な形状としてはカプセル、タブレット、錠剤、粉末、顆粒、ゼリーなどがあります。

カプセル、タブレット、錠剤は水と一緒に噛まずに飲む必要があります。飲み込むのが苦手な方にはあまり向いていません。
消化液に強い耐酸性のカプセルを採用した乳酸菌サプリは、胃酸や胆汁酸で菌が死滅しにくいというメリットがあります。
例えばビフィズス菌の一種であるJBL01株は、酸に弱くそのまま摂っても生きて腸まで届けることが難しいことが欠点でした。
そこでメーカーでは、pH1~2という強酸性の胃酸でも溶けない耐酸性カプセルに菌を閉じ込めることで、この問題を解決しました。

一方の粉末や顆粒は、水に溶かして飲むことができるのが特徴です。冷水でもサッと溶けるため、お茶など自分の好きな飲み物に溶かして飲むことができます。
朝食や昼食のメニューの一部として取り入れやすく、摂り忘れを防ぐことができます。カプセルや錠剤を飲み込むのが苦手な方にも適しています。

菌の種類の違い

乳酸菌は菌株まで含めるとこれまでに数千種類が見つかっています。乳酸菌と一言で言っても、種類が異なれば性質も効能も異なります。
乳酸菌サプリは医薬品ではありませんから、効能を表示することができません。しかし、配合されている乳酸菌の種類を知り、その効能を調べることで、どのような効果が期待できるのか分かります。
「乳酸菌は健康に良い」と言っても、何を目的に摂るのかによって適した乳酸菌の種類は変わってきます。自分の目的に合った乳酸菌を配合したものを選びましょう。
例えば便秘を解消したい方にはビフィズス菌BB536株やカゼイ・シロタ株、免疫力を高めたい方にはフェカリス・EC-12株やプラズマ乳酸菌、アレルギー症状を緩和したい方にはL-92株やKW乳酸菌がおすすめです。

菌の状態による違い

生きた菌を配合したサプリメント

詳細を読む

乳酸菌は糖を分解して乳酸や酢酸などの有機酸を生成する微生物の総称です。生きて腸まで届けることができれば、腸内でも同じ働きが期待できます。
有機酸が作られることでpHが下がり、腸内環境が酸性に近づきます。善玉菌は弱酸性の環境を好みますから、生きた乳酸菌の働きによって腸内にもともと生息している善玉菌が活性化されて、悪玉菌が抑制されます。

メーカーでは生きた菌を凍結乾燥させた菌末をカプセルなどに配合しています。ただし、乳酸菌は酸に弱いものが多いため、せっかく生きた菌を摂ってもその多くは胃酸や胆汁酸で死滅してしまいます。
そこで一部のメーカーでは酸に強く消化液に対して耐性がある植物性乳酸菌や、有胞子性乳酸菌(胃酸や胆汁の刺激を受けて、腸管内で発芽して胞子を作り酸から守る)を採用しています。

死滅した菌を配合したサプリメント

死滅した乳酸菌にも効果がある

詳細を読む

乳酸菌は微生物なのだから生きた状態で摂るのが当たり前と思いがちです。実際にヨーグルトなどを製造するメーカーでは、「生きた乳酸菌が良い」「乳酸菌を生きたまま腸に届ける必要がある」などとCMなどで宣伝しています。
しかし、近年の研究では死滅した乳酸菌にも整腸作用や免疫力を高める作用があることが分かっています。そもそも生きた菌を摂ってもその多くは胃酸や胆汁酸で死滅してしまいます。
さらに生きたまま腸に届いたとしても、ほとんどの菌は定着することができず数時間から数日程度で便として排出されます。それなら「死滅した菌でも良いのでは」と考えて、死滅した菌=死菌を採用するメーカーが増えているのです。

一度に大量の菌を摂取できる

詳細を読む

死菌は高密度に圧縮することで、大量の菌を配合することができます。死菌を採用した乳酸菌サプリには平均して1回分に1~2兆個という膨大な数の菌が含まれています。

「こんなにたくさんの菌は不要では?」と思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。乳酸菌には目立った副作用がなく、摂る菌の数が多ければ多いほど腸管が刺激されてより高い効果が期待できます。
例えばイタリアのギオンチェティという学者の研究によると、1日2兆個の乳酸菌を含むサプリメントを摂ることで、潰瘍性大腸炎の症状が改善されたと報告しています。
毎日2兆個の乳酸菌を摂るためにはそれなりの費用がかかります。ですがこの研究結果を裏付ける症例がかなりあることから、潰瘍性大腸炎のような特定の疾患を抱える方は試す価値があると言えます。
2兆個の乳酸菌はヨーグルトではバケツ一杯分に相当しますが、サプリメントなら手軽に摂ることができます。ほかにも大量の菌を摂ることで、腸内の免疫細胞が刺激されてサイトカインや抗体などの免疫物質の生成を促すことができます。
このような免疫反応が繰り返し起こることで、免疫が鍛えられて免疫力の向上に繋がると考えられています。

菌の代謝物質を配合したサプリメント

詳細を読む

乳酸菌が生成した乳酸や酢酸などの代謝物である「乳酸菌生産物質」や「乳酸菌生成エキス」を配合したサプリメントもあります。
配合されているのは菌ではなく代謝物ですから、正確には乳酸菌ではありません。ですが乳酸菌と同じ効果が期待できます。乳酸菌が腸の中で行う活動を、予め体外で行い成分のみを配合しているのです。
生きた乳酸菌のように腸に届くまでに死滅してしまったり、腸内環境と合わずに十分な働きができないということがなく、安定した効果が期待できます。
乳酸菌の代謝物のみを効率的に摂ることで比較的早く効果を実感することができるのもメリットです。

配合されている菌の数の違い

先述した通り乳酸菌は摂る菌の数が多ければ多いほど、腸菅が刺激されてより高い効果が期待できます。また生きた乳酸菌が腸に届いても定着できない以上は、常に新しい菌を腸に送り込む必要があります。
そのためには多くの菌を配合したサプリメントが適しています。配合されている菌の数は、生きた菌よりも死菌のほうが多い傾向にあります。多いものでは1粒に数兆個の乳酸菌を配合しています。

乳酸菌サプリと乳酸菌製剤

乳酸菌サプリに対して、生きた菌のみを配合した「乳酸菌製剤」が昔からあります。製剤ですから厳密には医薬品でありサプリメントではありませんが、摂り方や得られる効果は同じです。
こちらは菌の数があまり多く含まれていません。ですが安価なため費用対効果が優れています。選択肢の一つにしても良いでしょう。

関連記事の一覧