乳酸菌って体にどんな効果があるの?

ヨーグルトなどの広告で、「生きたまま腸に届く乳酸菌」といったフレーズを見たことがあると思います。
乳酸菌といえば体に良いもの、といったイメージがあることでしょう。
では、乳酸菌とはどのような菌で、体にどういった効果があるのでしょうか。
乳酸菌は、糖を分解するときに乳酸を作り出し、その際にエネルギーを出す菌のことです。
これらにはさらに様々な種類があり、現在も研究が進められています。
乳酸菌が現在のように注目を集めるようになったのは、今から約100年前のことです。
乳酸菌のひとつであるビフィズス菌の発見により、健康に良いことや老化防止につながることが少しずつわかってきました。

では、具体的にこれらをとると、私たちの体にはどんな効果があるのでしょうか。
乳酸菌が体にもたらす効果としてもっとも知られているのは、やはり整腸作用http://lacticacid-bacterium.com/、腸内バランスを整えるということです。
腸内にはたくさんの細菌があります。その中には、腸内の老化を促進させてしまう腐敗菌のようなものもあるのです。
しかしこれらにはそのような老化を促進させる菌の増殖を抑えてくれます。
そしてこれらは腸内の細菌のバランスを改善し、下痢や便秘といった腸に関する悩みを解決してくれるのです。

また、菌には良い効果をもたらす善玉菌と、体に悪影響をもたらす悪玉菌があり、これらは基本的に善玉菌として知られています。
私たちの体の中には普段から善玉菌と悪玉菌があり、時には悪玉菌が悪さをしてしまうこともあるのです。
悪玉菌として代表的なものの中に、私たちを病気にしてしまうような病原菌も数多くあります。
病原菌は体外から入ってくることも多く、これはどんなに気をつけていても入ってきてしまうときはあるものです。
そのような時に、乳酸菌のような善玉菌が体内にたくさんあれば、たとえ外から病原菌が入ってきたとしてもそれに対抗することのできる力をこれらが発揮してくれるのです。
このように、乳酸菌には体の免疫力を高める効果もあるのです。